スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
おはようございます。チェンマイは気温15度ほど穏やかな朝を迎えております。今日は日本人から見たタイ人の経済観念についてお話させていただこうかと思います。経済評論家ではないのであくまでも私目線のレベルですので悪しからず。昨日のFBにもアップしましたが月収以上もするiphone6が飛ぶように売れています。巨大ショッピングモールは人で溢れ大きなカートに入りきらないほどの日用品を買いだめしております。街を走る車は新車ばかりでポンコツを探すほうが難しいぐらいです。ここは首都バンコクではなく田舎町チェンマイです。日本人なら所得と消費、貯蓄のバランスを考えてお金を使うのでしょうがここタイでは貯金よりも消費と言うのが一般的と見受けられます。借金というものにもあまり抵抗がないので、未来の収入まで消費に回してしまう人が少なくありません。そして収入の低い人ほど見栄っ張りであると言うこと。町に溢れる新車のほとんどはオートローンもしくはリース契約によるものです。もちろん後先考えずに飛びつきますから債務不履行は日常茶飯事。昨日まで新車に乗っていた友達が今日は家族3人でスクーターに乗って登場なんてことも珍しくありません。なにも無計画なタイ人を批判しているのではありません。タイの好景気を維持しているのは正しく彼らの消費行動にあるのです。タイは消費すればするほど税金の免除、恩恵を受けることが出来ます。たとえは旅行した場合申告すればその年の所得税が軽減されるなど。ある意味日本人も見習う部分があるかもしれませんね。
IMG_0450.jpgIMG_0451.jpg
IMG_0453.jpgIMG_0454.jpg
IMG_0452.jpgIMG_0455.jpg



スポンサーサイト
タイチェンマイロングステイスタイル | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。