スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
ミャンマーでもいたるところにATMを見かけるようになり、クレジットカードなどからミャンマーチャットも出てきます。でも20000チャット引き出すのに5000チャットの手数料は高すぎるんじゃないの。
221_convert_20130601184820.jpg 222_convert_20130601184926.jpg

スポンサーサイト
ミャンマービジネス 関連情報 | コメント(0) | トラックバック(0)

今回はVIPルームへ宿泊!

2013/05/21 Tue 23:45

今回もTHE MOON HOTELに宿泊。スーペリアが空いておらず、VIPルームへのご案内!当ホテルのVIPルームは最上階の4階に有り、もちろんエレベーター無しの階段。おまけに2日目からお湯も出ないというオチ付き。
一泊40$なり。

168_convert_20130601181731.jpg 166_convert_20130601181931.jpg

ミャンマービジネス 関連情報 | コメント(0) | トラックバック(0)

ナイトクラブ G6

2013/03/09 Sat 23:01

今日は最後の夜なので先日紹介した日本人クラブの他の一軒、東京ベイサイドへ繰り出そうと思っていたのだが、ミャンマーカイドウのウー社長に相談したら、高いだけの気の利かない日本人クラブに行くなら、カラオケクラブG6がお勧めとの情報を頂き早速、場所と料金を確かめるべく明るいうちに現地視察。なかなかの高級感もあり完全個室(一部バーもあり)女の子もきれいどころを揃えてあるそうな。外からの雰囲気はバンコクのスクンビット・エカマイにある高級会員制ラウンジピアノと似ている。日本のカラオケも完備(なかなか日本語のカラオケを揃えているところが無い)されている。週末は相当混むので要予約だそうで、すかさず予約を入れて帰ってきました。夜食事を終えて、9時ごろに仲間5人でG6に合流。昼間スカスカだった駐車場は高級車でいっぱい。第2、第3駐車場でやっと車を止めて店内へ。予約しておいて正解。満室である。室内はバンコクのピアノには遠く及ばないレベルだが、女の子もきれいどころが多くかたことの英語も通じるし、べったりと寄り添うようにカラオケを歌ったり出来るので、日本のキャバクラに似た雰囲気でとても楽しかった。気になる料金は5人で飲んで歌ってちょっぴりスキンシップがとれてUS90ドルでした。日本人クラブに行くならこちらのほうがお勧めです。
159_convert_20130323173358.jpg152_convert_20130323173133.jpg
175_convert_20130323173441.jpg177_convert_20130323173530.jpg
155_convert_20130323173206.jpg156_convert_20130323173327.jpg



ミャンマービジネス 関連情報 | コメント(0) | トラックバック(0)

韓国のドラマ

2013/03/09 Sat 11:56

ホテルでローカルテレビを付けるとかなりの確率で韓国のドラマが放映されている。朝、昼、晩いつでも流れている。実はこれ韓国サイドが無料で放映権を譲渡しているらしい。テレビにはサムスン、LGなどの電気製品・携帯電話、ヒュンダイの車などが出へ来てミャンマーの皆様へ韓国製品の購買意欲をかき立たせようという仕組み。今のところ日本車人気への影響は無いようであるが、日本もそこらへんうまく立ち回らないと、気がついたときは中国・韓国製品であふれているという、お隣りタイみたいになっちゃうぞ-。ちなみに、私このMRTV-4というTV局に以前出たことがある。去年の3月取引先のショウルームがOPENした時に夕方の報道番組で扱われ、仕入先の日本企業ということで取り上げられたのだ。(ちょっと自慢!!)
136_convert_20130323171437.jpg134_convert_20130323171353.jpg
137_convert_20130323171507.jpg138_convert_20130323171540.jpg


ミャンマービジネス 関連情報 | コメント(0) | トラックバック(0)
今回はミャンマーのお姉ちゃん事情について少々お話してみたいと思います。お隣りのタイではご存じ管理売春的なところがほとんどである。ソープランド、連れ出しカラオケクラブ、ゴーゴーバーなどしかり風俗で働く女の子はその組織に属しており、お店が連れ出し料などチャージを取る代わりに毎週のエイズ検査の結果提出などお客さんに安心して遊べるよう女の子を管理している。しかしミャンマーにはそのようなシステムはまだない。置屋みたいなものも無い様である。もともとお金を払って女の子を買うという人身売買的行為はご法度な国なので当り前ではあるが、近年の経済開放政策に伴い女の子の下半身解放性策(下品な表現で申し訳ない)も着々と進んでいるようである。吾輩が宿泊しているホテルも安宿なのでコールガールの出入りが頻繁である。システムはというとミャンマー人の知り合いに頼むか、ホテルのボーイに頼めば手配してくれる。来た女の子が気に入らなければタクシー代2000~3000チャット払って返却可。もし気に入ればショートで40000チャット(4000円程度)とのこと。その他では喫茶店などに女の子を呼び出して街中の時間貸しラブホテルにしけ込むタイプ(5000円程度)また大型ホテル内ディスコでのナンパ(ナンパと言っても女の子のほうから来る)など$70程度がある。いつになく熱く語ってしまった・・・失礼。
ミャンマービジネス 関連情報 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。